1分25秒~「妖怪が見えるから描く」と言っておられます

 

人間の肉体は、霊を育てるための母体だと教えてくれたRAPTブログ 人々は自分の霊を育てる方法を知らず、死後は悪霊のように永遠に彷徨わなければならない(十二弟子・KAWATAさんの証)

rapt-plusalpha.com/45526/

 

KAWATAさんは、この証し中で、(再度引用↓↓↓↓↓↓)

「私は小さい頃、悪霊が目に見えることが度々あり、(略)とても恐ろしい体験をしてきました。(略)

私の前に現れる霊たちは、皆、色彩がなく、生首のような姿をしていたり、気味の悪い見た目をしていました。」

と言われてました。

こうなってしまう原因は、

「肉体を持ってこの世で生きる間に、神様に従うことなく、間違った人生を送ってしまうと、

自分の霊が病気になったり、体の一部がない未完成の姿になってしまいます。」

 

と言われてます。

この事の元になったRaptブログの記事が↓↓↓↓↓↓

 

です。

人間には、霊体と肉体という2つの身体が与えられているということです。

そして、霊体を育てられなければ極端に考えれば、

妖怪のようなカラダ(霊体)で永遠に過ごさなければいけなくなるということです。

ゾーツ!

 

聖書の中で、イエス様が3日目に復活して、生きている時と全く同じ姿で復活されたことを弟子たちの前に現れて見せられました。

これはある意味すごいことだということです。

 

つまり、これは霊体が十分な成長を遂げておられたと言うことですね。